調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務の資格は調剤薬局で、保険の確認や調剤報酬明細書(レセプト)作成を行うのが主な仕事です。
受付や会計なども行い、薬剤師をサポートする重要職です。
国の医薬分業の推進に伴って調剤薬局の店舗数はここ数年で増加しているため、有資格者のニーズは急上昇中です。
勤務時間が比較的一定しており、フルタイムやパートタイム勤務など働き方を選べることもあり、加治屋育児と両立しやすく、女子栄にオススメの技能です。就職や転職に役立つのはもちろん、全国共通の技能なので、結婚や出産、引っ越し後の再就職も安心です。
資格習得には学歴も実務経験も問われないので、知識ゼロから始める方、これから新たに社会に出て働くことを考える方にも十分に道は開けています。
自宅の近くで職場が見つけやすい点も魅力です。

調剤薬局事務の業務

調剤薬局事務の業務では、こんな仕事が待っています。

◆会計
患者さんの負担分を計算し、金額を受け取り領収書を発行します。
◆接客業務
受付での対応、保険の確認など、調剤薬局の顔として活躍できます。
◆薬剤師のサポート
電話応対や書類整理など薬局内の事務作業を担当し、薬剤師をサポートします。

◆調剤報酬請求業務
保険者への請求額や患者負担分を算定し、調剤報酬明細書を作成します。

調剤薬局事務の受験概要

調剤事務管理士技能認定試験
この試験は、技能認定振興協会が実施しているものです。
■実施団体:技能認定振興協会
■試験月:1月3月・5月・7月・9月・11月の年6回
■試験形態:会場試験と在宅試験があります。
■試験内容:学科(マークシート)10問、実技(レセプト作成2枚、レセプト点検1枚)計3枚
■合格基準(会場試験):学科100点満点中70点以上、実技1問につき50%以上、且つ全体で70%以上
 ※調剤事務管理士技能認定試験の内容は変更となる場合があります。

調剤薬局事務の習得

調剤薬局事務習得のポイント

調剤事務管理士技能認定試験に対応しています。講座修了で在宅受験のチャンスがあります。
技能認定振興協会の『調剤事務管理士技能認定試験』は年6回の実施されますので、あなたのご都合に合わせてチャレンジできます。講座を修了すれば、受講期間中、在宅受験ができるので、忙しくてなかなか家を空けられない方も、ご自宅で気軽に受験できるのが魅力です。