テレコミュニケーター検定

テレコミュニケーターの仕事

会社や企業のコールセンター業務をおこなうのが、『テレコミュニケーター』の仕事です。

現在では、コールセンターは、お客様からのお問い合わせを電話で受けながら、Eメールでの問い合わせ履歴、インターネットでの顧客情報や商品の受発注、予約状況などを確認しながら、対応していく技術が必要となっています。

また、正しい敬語なども使えること、ビジネスマナーも重要になってきます。

企業や会社によってはテレコミュニケーターを「コミュニケーター」「TSR」「エージェント」などと呼ばれることもあります。

テレコミュニケーターの資格とは

テレコミュニケーターは、いわば、会社の顔、接客業です。
対応によって、顧客満足度が違いますし、会社にとっても能力のあるテレコミュニケーターが必要なのです。
もちろん、商品知識や顧客満足度など、能力によって手当・収入アップ、報酬も高くなるでしょう。
テレコミュニケーター検定では、実践に基づいた対応や、心構え電話応対に必要なコミュニケーションスキルを身に付けることができます。

テレコミュニケーター検定ならJTA

テレコミュニケーター検定を受検して資格を修得するには、各認定の講座と試験を行っている団体で受講しましょう。

スクールのほかにも、インターネット・WEB上で受講できる講座もあります。

JTA 社団法人 日本テレマーケティング協会では、さまざまな情報を入手する事ができます。

テレコミュニケーターとコールセンター

簡単なコールセンター業務として、求人もたくさん出ていますが、実際には企業によってはかなり高いスキルを求められる仕事も多いです。
たとえば、物販系の企業のお客様相談室は、商品についての問い合わせ、苦情などが寄せられますので、その商品知識が必要となってきます。
旅行会社や空港などでは、予約状況や空席情報など客様のニーズに対応する必要があり、どれも高いスキルが求められます。
どのような業種、業務であろうとも、お客と関係を築く役割を担っていることからコミュニケーション能力が必要とされます。