宅建の合格ライン

宅建とは『宅地建物取引主任者』の通称

宅建とは、大人気の国家資格試験で『宅地建物取引主任者』の通称です。
不動産取引が行われるときに、取引が公正に行われるかどうかを判断する資格で、不動産関係の取引でお客さんに対し物件説明や契約の際にも必要となります。
具体的には、土地や家屋の売買や交換あるいは貸借などをする際には契約までの間に重要事項の説明をしなければなりません。契約者に対してこの重要事項を説明できる人が『宅地建物取引主任者』です。

宅建は、資格を取ると仕事として活用できるのはもちろん、民法も交えているので日常の生活で起きたさまざまな不動産関係のトラブルに対応することができるようになります。
マイホーム購入時やマンション貸借時にもこの知識があれば非常に役に立ちます。

宅建の将来性と平均年収

宅建の将来性はどうでしょうか。
不動産会社の事務所には5人中に1人以上の割合で宅建の取引主任者の資格を持っている人を配置するように決められています。ですから宅建の需要がなくなることはありません。

気になる宅建の取引主任者の平均年収は、現状を見てみると平均年収は約400万円です。他の資格も一緒に持っていると、仕事の幅が広がり収入が上がる可能性が高いといえます。
不動産の業界には営業職が多くいますから実績重視、実績を上げれば収入も上がる可能性が高くなります。

宅地建物取引主任者資格試験と5点免除制度

宅地建物取引主任者資格試験は年に1回、毎年10月の第3日曜日に行われ、合格発表は受験の約45日後です。
宅建の国家資格試験は50問あって形式は四肢択一式で、解答はマークシートで行います。
登録講習を実施している機関が行っている登録講習を既に受講している人に関しては、5点免除制度があります。
土地・建物 、統計、住宅金融公庫法、不当景品類及び不当表示防止法に関する問題から5問が免除されます。

宅建の勉強方法

宅建には3つの主要科目があります。
1.宅建業法
2.権利関係
3.法律上の制限
この3つの基本的な知識をきちんと身につけていれば大丈夫です。
仕事をしていて勉強する時間があまりない人、短期間で宅建の資格を習得したい人などはテキストだけではなく専門家のアドバイスやCDやOSソフトなどのツールを利用した方が確実に勉強の成果が上がります。<

宅地建物取引主任者資格試験の難易度と合格ライン

受験者数は毎年約20万人いて合格者は約3万5千人です。 18人に1人しか合格できないのだから難しい試験と思われますが、宅建試験のほとんどは常識問題です。受験資格がなく中卒の人でも高卒の人でも誰でも受験することができることから、時間を費やしてきちんと暗記して得点を稼げば決して難しくはないといわれます。

ただ、毎年の合格率を見ると合格率から合格ラインを設定していると考えられます。つまり問題が難しい年は高得点を出す人が少ないので合格ラインが低くなり、問題が簡単な年は高得点がたくさんでるので合格ラインが高くなると考えられています。