通信講座,

テレコミュニケーター検定

テレコミュニケーターの仕事 会社や企業のコールセンター業務をおこなうのが、『テレコミュニケーター』の仕事です。 現在では、コールセンターは、お客様からのお問い合わせを電話で受けながら、Eメールでの問い合わせ履歴、インターネットでの顧客情報や商品の受発注、予約状況などを確認しながら、対応していく技術が必要となっています。 また、正しい敬語なども使えること、ビジネスマナーも重要になってきます。 企業や会社によってはテレコミュニケーターを「コミュニケーター」「TSR」「エージェント」などと呼ばれることもあります。 テレコミュニケーターの資格とは テレコミュニケーターは、いわば、会社の顔、接客業です。 対応によって、顧客満足度が違いますし、会社にとっても能力のあるテレコミュニケーターが必要なのです。 もちろん、商品知識や顧客満足度など、能力によって手当・収入アップ、報酬も高くなるでしょう。 テレコミュニケーター検定では、実践に基づいた対応や、心構え電話応対に必要なコミュニケーションスキルを身に付けることができます。 テレコミュニケーター検定ならJTA テレコミュニケーター検定を受検して資格を修 […]

調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務の資格 調剤薬局事務の資格は調剤薬局で、保険の確認や調剤報酬明細書(レセプト)作成を行うのが主な仕事です。 受付や会計なども行い、薬剤師をサポートする重要職です。 国の医薬分業の推進に伴って調剤薬局の店舗数はここ数年で増加しているため、有資格者のニーズは急上昇中です。 勤務時間が比較的一定しており、フルタイムやパートタイム勤務など働き方を選べることもあり、加治屋育児と両立しやすく、女子栄にオススメの技能です。就職や転職に役立つのはもちろん、全国共通の技能なので、結婚や出産、引っ越し後の再就職も安心です。 資格習得には学歴も実務経験も問われないので、知識ゼロから始める方、これから新たに社会に出て働くことを考える方にも十分に道は開けています。 自宅の近くで職場が見つけやすい点も魅力です。 調剤薬局事務の業務 調剤薬局事務の業務では、こんな仕事が待っています。 ◆会計 患者さんの負担分を計算し、金額を受け取り領収書を発行します。 ◆接客業務 受付での対応、保険の確認など、調剤薬局の顔として活躍できます。 ◆薬剤師のサポート 電話応対や書類整理など薬局内の事務作業を担当し、薬剤師を […]

スイーツデコの講座

スイーツデコの講座 スイーツデコの講座があるのをご存じですか?スイーツデコとは本物のお菓子をそのまま小さくしたようなおいしそうなスイーツのハンドメイドのフェイクスイーツです。 粘土がどんどんおいしそうなお菓子に変身していき、女の子に大人気です。携帯ストラップにしたり、ミラーなどの小物をデコったり、楽しみ方もいろいろです。資格を取って内職しませんか。 スイーツデコの作り方 スイーツデコの作り方は、特に決まりはないので独学でスィーツデコ制作をされている方も多いようですね。書籍もたくさん出ています。ただ、見よう見まねでパーツは作れても、盛り付けのデザインにバリエーションがないなどもっと技術を磨きたいという方には、トップ・デコアーティストのテクニックを盗めるスイーツデコ講座を受講するのをオススメしちゃいます! スイーツデコのブログ スイーツデコのブログはたくさんありますが、その中でもトップ・デコアーティストの方のブログは参考になります。 スイーツデコだけでなく、デコアートやネイルアートなど幅広く活躍している方のブログはデザインの参考にもなりますし、イベントなどの紹介などの情報も得られるのでぜひ […]

デコアーティスト講座

デコアーティスト講座 デコアーティストとは、デコ電・デコグッズに代表されるラインストーンなどを使用したデコレーション技法”デコアート”の製作技術者を指します。 自分で好きなデザインでデコアートできることはもちろんですが、デコアーティストとして独立して仕事をしている人も増えています。デザインやデコに興味があってキラキラが大好きな女性には、オススメの趣味で、内職などで収入を得ることもできます。 ショップにオーダーするとフルデコレーションなら2万円前後もかかるデコアートですが、自分でデコアートできれば材料費しかかからないのです。 プロのワザをマスターすれば、自分で高価なデコグッズをつぎつぎと作れるようになります。 デコアーティスト通信講座 デコアーティストになるには、デコアート教室や通信教育のデコアーティスト養成講座などで腕をみがくことができます。 通信講座なら、自宅で好きな時間に学べるのがうれしいですね。 材料の知識や接着剤についてなどの基礎から、プロの指導でバランスのとれたデザインなどが学べます。これまで自己流だったあなたのデコアートも見違えるほど美しい仕上がりに […]

簿記論 難易度

簿記とは『帳簿記入』の略 簿記とは『帳簿記入』の略です。個人事業者や商店,企業は,毎日品物の仕入れや販売という営業活動を実施しています。これらのような商店や会社の営業活動を貨幣コストにより捉え,これを帳簿に記入し,記録することが簿記の役目です。 日商簿記1級および2級の試験範囲は,商業簿記だけでなく工業簿記の知識も必要となりますね。日商簿記2級以上の資格取得を考える人は商業簿記だけでなく,工業簿記もきちんと学習しておかねばなりません。 簿記検定の種類 簿記の資格取得には ・日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定・社団法人全国経理教育協会(全経)主催の簿記能力検定・財団法人全国商業高等学校協会(全商)がする簿記実務検定 があります。 日商簿記検定試験1級合格者,および全経簿記検定試験の上級合格者には税理士試験の受験資格が与えられます。広く知られているのは日商簿記検定であって,本屋にも日商簿記検定試験に対応した書物が並んでいます。 日商簿記検定は,試験中身に応じて1級から4級がありますね。試験範囲は3級・4級は商業簿記,2級は商業簿記と工業簿記(カンタンな原価計算),1級は商業簿記,工業 […]

独学で行政書士

独学で行政書士 行政書士の資格を修得には、独学通学通信講座の3種があると思います。法律系の資格ながら、完全独学を目指す人も多いようです。過去問題で勉強するのが一般的ですね。いろいろな問題集を購入するのなら、通信講座を利用するのもよいのではないでしょうか。各種通信講座は法律などのまったくの初心者が司法書士の資格を修得できるようにプログラムされた教材です。 行政書士と一緒に修得したい資格 この、行政書士の資格は、法律系の資格の足がかりともいえます。さらに税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーなどとのダブルライセンスの取得で、さらに専門性が高まるとさらに開業時には有利です。試験範囲も共通性がある宅建や司法書士などは、特に一緒に取得したい資格です。 行政書士にできること 行政書士の業務内容は多種多様で業務範囲が広い職種といえます。会社設立や営業許可申請など行政への手続きに関する書類作成や提出、各種相談やコンサルティングなど個人の人や中小企業などと、官公省庁などとの橋渡しとなります。建築関係、飲食店、農業関係、在留資格認定、売買契約、賃貸契約、遺言、遺産分割、会計帳簿 […]

サプリメントアドバイザーの資格

サプリメントアドバイザーの認定制度 現在たくさんのサプリメント(栄養補助食品)が出回っていますが、どれを選んだらよいのかまよってしまいます。 そんなときに心強いのがサプリメントアドバイザーの存在です。 サプリメントアドバイザーはまだ国家資格ではありませんが、試験や更新の制度を設けている資格に関しては、『保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成に関する基本的考え方について』という厚生労働省の指針をもとに、認定制度が作られています。 サプリメントアドバイザーの活躍の場所 健康食品販売を行っている人、医療現場に携わっている人が、薬の副作用に悩む患者さんのために、栄養補助食品を勧めてあげたい、アンチエイジングやビューティアドバイザーなど、美容関係の仕事をしている人などが、サプリメントの知識を広げたいとの目的でこの資格の修得を目指しています。 サプリメントアドバイザーと医療現場 病院などでも、サプリメント外来という新しい分野も増えつつあるようです。 病気になった時には薬だけでなく、食生活にも注意をして改善を進めますが、食事が思うように摂れない場合も多くあります。 そんな時には、食品の一部 […]