通信教育

日本語教師 検定

日本語教師検定とは 日本語教師になるには、まず日本語教育能力検定試験について知りましょう。検定試験は1987年より財団法人日本国際教育支援協会というところで年に1回実施されています。当時の内閣が2000年までに留学生を10万人受け入れるという計画を決定したことが発端です。 それに伴い、外国人に日本語を教える教師が少なかったことにより、日本語教師の質の向上を目指して始まりました。 日本語教師検定の試験内容 日本語教師検定の試験内容は、1・2・3の三部構成になっています。日本語教師に必要な専門的な知識・能力をあらゆる角度から測定します。 1は基礎的知識・能力、分析的知識・能力を測定します。これは配点は100点、時間は90分です。 試験2は30分間で配点は40点。音声により言語学習の音声的特徴に関する知識、瞬間的・な知識や判断能力を測定します。 試験3は、現場対応能力や問題解決能力、統合的判断力、思考能力を測定し、120分の長時間で、配点も100点となっています。 日本語教師として就職するためには 日本語教師として就職するためには、日本語教育能力検定試験の合格は必ずしも就職の必須条件ではあり […]

調剤薬局事務の資格

調剤薬局事務の資格 調剤薬局事務の資格は調剤薬局で、保険の確認や調剤報酬明細書(レセプト)作成を行うのが主な仕事です。 受付や会計なども行い、薬剤師をサポートする重要職です。 国の医薬分業の推進に伴って調剤薬局の店舗数はここ数年で増加しているため、有資格者のニーズは急上昇中です。 勤務時間が比較的一定しており、フルタイムやパートタイム勤務など働き方を選べることもあり、加治屋育児と両立しやすく、女子栄にオススメの技能です。就職や転職に役立つのはもちろん、全国共通の技能なので、結婚や出産、引っ越し後の再就職も安心です。 資格習得には学歴も実務経験も問われないので、知識ゼロから始める方、これから新たに社会に出て働くことを考える方にも十分に道は開けています。 自宅の近くで職場が見つけやすい点も魅力です。 調剤薬局事務の業務 調剤薬局事務の業務では、こんな仕事が待っています。 ◆会計 患者さんの負担分を計算し、金額を受け取り領収書を発行します。 ◆接客業務 受付での対応、保険の確認など、調剤薬局の顔として活躍できます。 ◆薬剤師のサポート 電話応対や書類整理など薬局内の事務作業を担当し、薬剤師を […]

ホームヘルパー資格の助成金について

ホームヘルパーの資格とは ホームヘルパーの資格は国家資格ではありません。「介護保険制度」では、一定の養成研修を受けないとホームヘルパーとしてのサービスの提供ができないとされています。また、介護福祉事業を行っている企業も、養成研修を受けた人を雇うことを定められてています。そのために、介護保険事業者がホームヘルパーの業務を行う場合は、養成研修を受けて必要とされる課程を修了する必要があります。この時、研修内容によってホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、ホームヘルパー3級に分類されます。これを資格という言い方で表しているだけで、本来のホームヘルパーは世間で言う『資格』には該当しないのです。 ホームヘルパーの資格取得 ホームヘルパーの養成研修は、国が養成学校を作って、カリキュラムに添った講習を受けさせる、あるいは単独の企業が講習を行っているというわけではありません。国に認められた各機関がそれぞれに養成研修を行っています。どの団体でも、講習の内容自体にはあまり差はありませんが、やはり多少なりとも違いがあるので、それぞれにメリット、デメリットが発生します。 ホームヘルパーの養成研修を行っている団 […]

宅建の合格ライン

宅建とは『宅地建物取引主任者』の通称 宅建とは、大人気の国家資格試験で『宅地建物取引主任者』の通称です。不動産取引が行われるときに、取引が公正に行われるかどうかを判断する資格で、不動産関係の取引でお客さんに対し物件説明や契約の際にも必要となります。具体的には、土地や家屋の売買や交換あるいは貸借などをする際には契約までの間に重要事項の説明をしなければなりません。契約者に対してこの重要事項を説明できる人が『宅地建物取引主任者』です。 宅建は、資格を取ると仕事として活用できるのはもちろん、民法も交えているので日常の生活で起きたさまざまな不動産関係のトラブルに対応することができるようになります。マイホーム購入時やマンション貸借時にもこの知識があれば非常に役に立ちます。 宅建の将来性と平均年収 宅建の将来性はどうでしょうか。不動産会社の事務所には5人中に1人以上の割合で宅建の取引主任者の資格を持っている人を配置するように決められています。ですから宅建の需要がなくなることはありません。 気になる宅建の取引主任者の平均年収は、現状を見てみると平均年収は約400万円です。他の資格も一緒に持っていると、 […]