講習会

きき酒師の資格

きき酒師の資格とは 『利酒師』(きき酒師)は、ソムリエの日本酒版であり、日本酒のガイド役として飲食店や酒販店などで、日本酒の香りや味わいなどを分かりやすく説明したり、個々の日本酒の特性を理解し、料理や飲酒者の体調に合わせて最もマッチした日本酒を提供できるプロフェッショナルです。 利酒師の資格は、日本酒に関する知識とプレゼンテーション能力を認定する資格です。 利き酒師は、日本酒コーディネーターの階段を登る第一歩です。 利き酒師の資格取得までの道のりをお伝えします。 きき酒師になるには 受験資格認定講習会は20歳以上なら誰でも参加することができますが、受講費用に25.000円(VTR受講の場合は30.000円)が必要です。 きき酒師の資格認定試験を受験するには日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が主催する利き酒師講習会テキストにもとづいた「受験資格認定講習会」を受講し、修了する必要があります。 ※6ヶ月間の通信教育もあります。講習会は1日で行われますが、時間が取れない人にも通信講座やVTR受講も開講されています。 講習会修了→試験→合格→きき酒師 となります。 きき酒師の求人 きき酒師と […]

危険物取扱者 乙4 合格率

危険物取扱者とは 危険物取扱者とは、爆弾や毒ガスなどを扱う人ではありません。 ここでいう危険物とは、石油やガソリン、灯油、軽油、塗料などの指定された”燃焼性の高い物品”のことで、危険物取扱者とは、これらの物質を扱う知識を持つ人で、消防法により化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設に必要とされています。 危険物取扱者の合格率 危険物取扱者の資格は、甲種、乙種、丙種の三種類に分かれています。その名の通り甲種が一番難しく、他の乙種、丙種では、受験資格は特に定められていないので理科系の学生でも資格をとることができるようですが、甲種には、実務経験や学校で科学の単位取得などの受験資格が定められています。合格率は甲種で30%前後、乙種で40%前後、丙種で50%前後のようです。 危険物取扱者の試験問題と勉強法 危険物取扱者の試験問題と勉強方法は、まず、過去問題もチェックですね。頻繁に試験が開催されるので、過去問題もたくさんあるようです。 自力での勉強もいいですが、過去問題の傾向と対策などからテキストが構成されている、通信教育の教材を利用するのは、忙し […]