管理業務主任者

宅建の合格ライン

宅建とは『宅地建物取引主任者』の通称 宅建とは、大人気の国家資格試験で『宅地建物取引主任者』の通称です。不動産取引が行われるときに、取引が公正に行われるかどうかを判断する資格で、不動産関係の取引でお客さんに対し物件説明や契約の際にも必要となります。具体的には、土地や家屋の売買や交換あるいは貸借などをする際には契約までの間に重要事項の説明をしなければなりません。契約者に対してこの重要事項を説明できる人が『宅地建物取引主任者』です。 宅建は、資格を取ると仕事として活用できるのはもちろん、民法も交えているので日常の生活で起きたさまざまな不動産関係のトラブルに対応することができるようになります。マイホーム購入時やマンション貸借時にもこの知識があれば非常に役に立ちます。 宅建の将来性と平均年収 宅建の将来性はどうでしょうか。不動産会社の事務所には5人中に1人以上の割合で宅建の取引主任者の資格を持っている人を配置するように決められています。ですから宅建の需要がなくなることはありません。 気になる宅建の取引主任者の平均年収は、現状を見てみると平均年収は約400万円です。他の資格も一緒に持っていると、 […]