検定

テレコミュニケーター検定

テレコミュニケーターの仕事 会社や企業のコールセンター業務をおこなうのが、『テレコミュニケーター』の仕事です。 現在では、コールセンターは、お客様からのお問い合わせを電話で受けながら、Eメールでの問い合わせ履歴、インターネットでの顧客情報や商品の受発注、予約状況などを確認しながら、対応していく技術が必要となっています。 また、正しい敬語なども使えること、ビジネスマナーも重要になってきます。 企業や会社によってはテレコミュニケーターを「コミュニケーター」「TSR」「エージェント」などと呼ばれることもあります。 テレコミュニケーターの資格とは テレコミュニケーターは、いわば、会社の顔、接客業です。 対応によって、顧客満足度が違いますし、会社にとっても能力のあるテレコミュニケーターが必要なのです。 もちろん、商品知識や顧客満足度など、能力によって手当・収入アップ、報酬も高くなるでしょう。 テレコミュニケーター検定では、実践に基づいた対応や、心構え電話応対に必要なコミュニケーションスキルを身に付けることができます。 テレコミュニケーター検定ならJTA テレコミュニケーター検定を受検して資格を修 […]

販売士検定の問題

販売士検定とは 販売士とは、商工会議所が定めた、販売・流通に関するスペシャリストです。 デパートや・デパート、専門店、スーパーなどの流通業界で働く、大規模小売店の販売員及び売場責任者や店長クラスの人、小売店の経営者や従業員や製造業、サービス業、卸売業などの販売業務担当者などが必要な知識を習得できる資格です。 具体的には、接客や取扱商品売場や店舗について、経済の動き全体からみた店舗経営などが身につき現在の仕事のスキルアップにつながります。 販売士の資格をとるには 通信講座のサイトには、販売士通信講座などがあり、こちらを受講するのもひとつです。 販売士の通信講座 通信講座やスクール、市販の過去問題集などで学び、日本商工会議所での検定を受検します。 3級から1級と難易度があり、その出題内容もより専門的な内容に変わってきます。 どの級からでも受験でき、合格率は60%前後のようです。 販売士検定の解答速報 資格試験@解答速報ナビやユーキャンのWEBサイトでは、資格試験の試験科目、受験資格、受験料、試験日程、試験地、合格発表、問合せ先、申し込み方法などの情報が掲載されていて非常に便利です。 また、 […]

日本語教師 検定

日本語教師検定とは 日本語教師になるには、まず日本語教育能力検定試験について知りましょう。検定試験は1987年より財団法人日本国際教育支援協会というところで年に1回実施されています。当時の内閣が2000年までに留学生を10万人受け入れるという計画を決定したことが発端です。 それに伴い、外国人に日本語を教える教師が少なかったことにより、日本語教師の質の向上を目指して始まりました。 日本語教師検定の試験内容 日本語教師検定の試験内容は、1・2・3の三部構成になっています。日本語教師に必要な専門的な知識・能力をあらゆる角度から測定します。 1は基礎的知識・能力、分析的知識・能力を測定します。これは配点は100点、時間は90分です。 試験2は30分間で配点は40点。音声により言語学習の音声的特徴に関する知識、瞬間的・な知識や判断能力を測定します。 試験3は、現場対応能力や問題解決能力、統合的判断力、思考能力を測定し、120分の長時間で、配点も100点となっています。 日本語教師として就職するためには 日本語教師として就職するためには、日本語教育能力検定試験の合格は必ずしも就職の必須条件ではあり […]

賞状技法士 賞状書士の資格

賞状書士の資格をとるには テレビでもたびたび紹介された話題のお仕事『賞状書士』『賞状技法士』、『筆耕士』などとも呼ばれ、表彰状、感謝状、卒業証書、宛名書きなどをを専門的に書く仕事です。技能を身につけると、まさに『筆一本で副収入』といえましょう。 賞状書士の資格 実務に即したお手本を783例も掲載したテキストに加え、原寸大の文字お手本集を採用。文字の大きさや割付けもひと目でわかります。ひらがな・カタカナの書き方から、専門用語の書き方、バランスの取り方まで、実務経験豊富なプロの懇切な朱筆で個別に添削指導。あなたを確実に賞状書士へと導きます。 賞状書士の求人 在宅での仕事を紹介してくれるSOHOグループには、『筆耕』という特技をアピールできるところがあります。主に会社の案内状の宛名書き、ホテルと提携して招待状の宛名書き、賞状・感謝状などの作成など、官庁、学校、企業、スーパー、ギフトショップなど身近なところにも需要はかなりあります。賞状以外にも贈答品の表書き、宛て名書き、席札、胸章など種類も豊富です。全てを毛筆で書くわけでなく、先方の予算の関係で、ボールペン字の場合もあります。仕事を請けるとき […]