就職

ケアマネージャー試験の合格率

ケアマネージャー試験の合格率 ケアマネージャー試験の合格率は例年15%前後です。 ほとんどの都道府県がマークシート方式で論文や実技試験がないことから、比較的受けやすい試験といえます。 なお、この試験は実務研修受講資格を得るためのもので、合格後に研修を修了して登録の後、介護支援専門員証の交付を受けて初めてケアマネージャーとして活躍することができます。 ケアマネージャーの需要 ケアマネージャーは介護保険制度の根幹資格! 現場のステップアップ資格としても信頼も厚い! 超高齢化の今、書くことのできない介護保険制度のフムーズな運用のためにに重要な役割を担う存在です。 医療・福祉・保険の仕事に5年または10年以上携わっている人しか取れないため、その分野のキャリアアップ資格として高く評価されています。 ケアマネージャー試験の受験資格 ケアマネージャー試験の受験資格は実務経験が5年または10年以上必要です。 すでに所有している資格によっては、試験の解答免除の制度もあります。介護や保健医療、福祉の分野で実務経験のある方が受験できます。 実務経験はその職種によって異なりますが、5年以上(かつ900日以上従 […]

日本語教師 検定

日本語教師検定とは 日本語教師になるには、まず日本語教育能力検定試験について知りましょう。検定試験は1987年より財団法人日本国際教育支援協会というところで年に1回実施されています。当時の内閣が2000年までに留学生を10万人受け入れるという計画を決定したことが発端です。 それに伴い、外国人に日本語を教える教師が少なかったことにより、日本語教師の質の向上を目指して始まりました。 日本語教師検定の試験内容 日本語教師検定の試験内容は、1・2・3の三部構成になっています。日本語教師に必要な専門的な知識・能力をあらゆる角度から測定します。 1は基礎的知識・能力、分析的知識・能力を測定します。これは配点は100点、時間は90分です。 試験2は30分間で配点は40点。音声により言語学習の音声的特徴に関する知識、瞬間的・な知識や判断能力を測定します。 試験3は、現場対応能力や問題解決能力、統合的判断力、思考能力を測定し、120分の長時間で、配点も100点となっています。 日本語教師として就職するためには 日本語教師として就職するためには、日本語教育能力検定試験の合格は必ずしも就職の必須条件ではあり […]

薬剤師になるには

薬剤師国家試験 薬剤師国家試験とは、どのような試験なのでしょうか? 薬剤師法に基づいて厚生労働省が施行します。毎年9月ごろに、その年度の薬剤師国家試験の施行について、厚生労働大臣名で告知されます。 薬剤師国家試験は、年一回で、毎年3月第一週の土日の二日間で行われます。試験地は、主要都市に限られ、北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、徳島県及び福岡県です。 試験科目は4科目あり、基礎薬学・医療薬学・衛生薬学・薬事関係法規及び薬事関係制度です。 薬剤師研修センター 日本薬剤師研修センターは、日本薬剤師協会との連携や協力を図り、薬剤師の生涯学習の推進を行っています。 薬剤師の年収 薬剤師の求人にはどのようなものがあるのでしょうか。まず薬剤師の求人で一番多いのが、やはり調剤薬局での薬剤師業務でしょう。薬剤師のほとんどが女性ですが、家庭と仕事の両立を目指す女性にとって、薬剤師は無敵の資格かもしれません。正社員であれば、年収400万円ぐらいはもらえます。パート・アルバイトでも、どんなに安くとも時給1,500円が相場のようです。1,800円以上、2,000円ぐらいも珍しくありません […]

ホームヘルパー資格の助成金について

ホームヘルパーの資格とは ホームヘルパーの資格は国家資格ではありません。「介護保険制度」では、一定の養成研修を受けないとホームヘルパーとしてのサービスの提供ができないとされています。また、介護福祉事業を行っている企業も、養成研修を受けた人を雇うことを定められてています。そのために、介護保険事業者がホームヘルパーの業務を行う場合は、養成研修を受けて必要とされる課程を修了する必要があります。この時、研修内容によってホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級、ホームヘルパー3級に分類されます。これを資格という言い方で表しているだけで、本来のホームヘルパーは世間で言う『資格』には該当しないのです。 ホームヘルパーの資格取得 ホームヘルパーの養成研修は、国が養成学校を作って、カリキュラムに添った講習を受けさせる、あるいは単独の企業が講習を行っているというわけではありません。国に認められた各機関がそれぞれに養成研修を行っています。どの団体でも、講習の内容自体にはあまり差はありませんが、やはり多少なりとも違いがあるので、それぞれにメリット、デメリットが発生します。 ホームヘルパーの養成研修を行っている団 […]

簿記論 難易度

簿記とは『帳簿記入』の略 簿記とは『帳簿記入』の略です。個人事業者や商店,企業は,毎日品物の仕入れや販売という営業活動を実施しています。これらのような商店や会社の営業活動を貨幣コストにより捉え,これを帳簿に記入し,記録することが簿記の役目です。 日商簿記1級および2級の試験範囲は,商業簿記だけでなく工業簿記の知識も必要となりますね。日商簿記2級以上の資格取得を考える人は商業簿記だけでなく,工業簿記もきちんと学習しておかねばなりません。 簿記検定の種類 簿記の資格取得には ・日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定・社団法人全国経理教育協会(全経)主催の簿記能力検定・財団法人全国商業高等学校協会(全商)がする簿記実務検定 があります。 日商簿記検定試験1級合格者,および全経簿記検定試験の上級合格者には税理士試験の受験資格が与えられます。広く知られているのは日商簿記検定であって,本屋にも日商簿記検定試験に対応した書物が並んでいます。 日商簿記検定は,試験中身に応じて1級から4級がありますね。試験範囲は3級・4級は商業簿記,2級は商業簿記と工業簿記(カンタンな原価計算),1級は商業簿記,工業 […]