合格率

販売士検定の問題

販売士検定とは 販売士とは、商工会議所が定めた、販売・流通に関するスペシャリストです。 デパートや・デパート、専門店、スーパーなどの流通業界で働く、大規模小売店の販売員及び売場責任者や店長クラスの人、小売店の経営者や従業員や製造業、サービス業、卸売業などの販売業務担当者などが必要な知識を習得できる資格です。 具体的には、接客や取扱商品売場や店舗について、経済の動き全体からみた店舗経営などが身につき現在の仕事のスキルアップにつながります。 販売士の資格をとるには 通信講座のサイトには、販売士通信講座などがあり、こちらを受講するのもひとつです。 販売士の通信講座 通信講座やスクール、市販の過去問題集などで学び、日本商工会議所での検定を受検します。 3級から1級と難易度があり、その出題内容もより専門的な内容に変わってきます。 どの級からでも受験でき、合格率は60%前後のようです。 販売士検定の解答速報 資格試験@解答速報ナビやユーキャンのWEBサイトでは、資格試験の試験科目、受験資格、受験料、試験日程、試験地、合格発表、問合せ先、申し込み方法などの情報が掲載されていて非常に便利です。 また、 […]

ケアマネージャー試験の合格率

ケアマネージャー試験の合格率 ケアマネージャー試験の合格率は例年15%前後です。 ほとんどの都道府県がマークシート方式で論文や実技試験がないことから、比較的受けやすい試験といえます。 なお、この試験は実務研修受講資格を得るためのもので、合格後に研修を修了して登録の後、介護支援専門員証の交付を受けて初めてケアマネージャーとして活躍することができます。 ケアマネージャーの需要 ケアマネージャーは介護保険制度の根幹資格! 現場のステップアップ資格としても信頼も厚い! 超高齢化の今、書くことのできない介護保険制度のフムーズな運用のためにに重要な役割を担う存在です。 医療・福祉・保険の仕事に5年または10年以上携わっている人しか取れないため、その分野のキャリアアップ資格として高く評価されています。 ケアマネージャー試験の受験資格 ケアマネージャー試験の受験資格は実務経験が5年または10年以上必要です。 すでに所有している資格によっては、試験の解答免除の制度もあります。介護や保健医療、福祉の分野で実務経験のある方が受験できます。 実務経験はその職種によって異なりますが、5年以上(かつ900日以上従 […]

簿記論 難易度

簿記とは『帳簿記入』の略 簿記とは『帳簿記入』の略です。個人事業者や商店,企業は,毎日品物の仕入れや販売という営業活動を実施しています。これらのような商店や会社の営業活動を貨幣コストにより捉え,これを帳簿に記入し,記録することが簿記の役目です。 日商簿記1級および2級の試験範囲は,商業簿記だけでなく工業簿記の知識も必要となりますね。日商簿記2級以上の資格取得を考える人は商業簿記だけでなく,工業簿記もきちんと学習しておかねばなりません。 簿記検定の種類 簿記の資格取得には ・日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定・社団法人全国経理教育協会(全経)主催の簿記能力検定・財団法人全国商業高等学校協会(全商)がする簿記実務検定 があります。 日商簿記検定試験1級合格者,および全経簿記検定試験の上級合格者には税理士試験の受験資格が与えられます。広く知られているのは日商簿記検定であって,本屋にも日商簿記検定試験に対応した書物が並んでいます。 日商簿記検定は,試験中身に応じて1級から4級がありますね。試験範囲は3級・4級は商業簿記,2級は商業簿記と工業簿記(カンタンな原価計算),1級は商業簿記,工業 […]

独学で行政書士

独学で行政書士 行政書士の資格を修得には、独学通学通信講座の3種があると思います。法律系の資格ながら、完全独学を目指す人も多いようです。過去問題で勉強するのが一般的ですね。いろいろな問題集を購入するのなら、通信講座を利用するのもよいのではないでしょうか。各種通信講座は法律などのまったくの初心者が司法書士の資格を修得できるようにプログラムされた教材です。 行政書士と一緒に修得したい資格 この、行政書士の資格は、法律系の資格の足がかりともいえます。さらに税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーなどとのダブルライセンスの取得で、さらに専門性が高まるとさらに開業時には有利です。試験範囲も共通性がある宅建や司法書士などは、特に一緒に取得したい資格です。 行政書士にできること 行政書士の業務内容は多種多様で業務範囲が広い職種といえます。会社設立や営業許可申請など行政への手続きに関する書類作成や提出、各種相談やコンサルティングなど個人の人や中小企業などと、官公省庁などとの橋渡しとなります。建築関係、飲食店、農業関係、在留資格認定、売買契約、賃貸契約、遺言、遺産分割、会計帳簿 […]

危険物取扱者 乙4 合格率

危険物取扱者とは 危険物取扱者とは、爆弾や毒ガスなどを扱う人ではありません。 ここでいう危険物とは、石油やガソリン、灯油、軽油、塗料などの指定された”燃焼性の高い物品”のことで、危険物取扱者とは、これらの物質を扱う知識を持つ人で、消防法により化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設に必要とされています。 危険物取扱者の合格率 危険物取扱者の資格は、甲種、乙種、丙種の三種類に分かれています。その名の通り甲種が一番難しく、他の乙種、丙種では、受験資格は特に定められていないので理科系の学生でも資格をとることができるようですが、甲種には、実務経験や学校で科学の単位取得などの受験資格が定められています。合格率は甲種で30%前後、乙種で40%前後、丙種で50%前後のようです。 危険物取扱者の試験問題と勉強法 危険物取扱者の試験問題と勉強方法は、まず、過去問題もチェックですね。頻繁に試験が開催されるので、過去問題もたくさんあるようです。 自力での勉強もいいですが、過去問題の傾向と対策などからテキストが構成されている、通信教育の教材を利用するのは、忙し […]