全経

簿記論 難易度

簿記とは『帳簿記入』の略 簿記とは『帳簿記入』の略です。個人事業者や商店,企業は,毎日品物の仕入れや販売という営業活動を実施しています。これらのような商店や会社の営業活動を貨幣コストにより捉え,これを帳簿に記入し,記録することが簿記の役目です。 日商簿記1級および2級の試験範囲は,商業簿記だけでなく工業簿記の知識も必要となりますね。日商簿記2級以上の資格取得を考える人は商業簿記だけでなく,工業簿記もきちんと学習しておかねばなりません。 簿記検定の種類 簿記の資格取得には ・日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定・社団法人全国経理教育協会(全経)主催の簿記能力検定・財団法人全国商業高等学校協会(全商)がする簿記実務検定 があります。 日商簿記検定試験1級合格者,および全経簿記検定試験の上級合格者には税理士試験の受験資格が与えられます。広く知られているのは日商簿記検定であって,本屋にも日商簿記検定試験に対応した書物が並んでいます。 日商簿記検定は,試験中身に応じて1級から4級がありますね。試験範囲は3級・4級は商業簿記,2級は商業簿記と工業簿記(カンタンな原価計算),1級は商業簿記,工業 […]