賞状技法士 賞状書士の資格

賞状書士の資格をとるには

テレビでもたびたび紹介された話題のお仕事『賞状書士』
『賞状技法士』
『筆耕士』などとも呼ばれ、表彰状、感謝状、卒業証書、宛名書きなどをを専門的に書く仕事です。
技能を身につけると、まさに『筆一本で副収入』といえましょう。
賞状書士の資格

実務に即したお手本を783例も掲載したテキストに加え、原寸大の文字お手本集を採用。文字の大きさや割付けもひと目でわかります。ひらがな・カタカナの書き方から、専門用語の書き方、バランスの取り方まで、実務経験豊富なプロの懇切な朱筆で個別に添削指導。あなたを確実に賞状書士へと導きます。

賞状書士の求人

在宅での仕事を紹介してくれるSOHOグループには、『筆耕』という特技をアピールできるところがあります。
主に会社の案内状の宛名書き、ホテルと提携して招待状の宛名書き、賞状・感謝状などの作成など、官庁、学校、企業、スーパー、ギフトショップなど身近なところにも需要はかなりあります。賞状以外にも贈答品の表書き、宛て名書き、席札、胸章など種類も豊富です。
全てを毛筆で書くわけでなく、先方の予算の関係で、ボールペン字の場合もあります。仕事を請けるときには、資格の有無、級などによって、報酬額も変わってきます。

賞状書士の収入

毛筆文字を書ける人が少なくなっている現在、需要の割には仕事が多いと思われます。

パソコンで筆文字が印刷できる現在でも、企業や結婚式場などの招待状は、やはり格式高い毛筆を求められます。

また、技術を習得すると、一生の財産になるところもうれしいですね。

確かに高収入とはいえないかもしれませんが、日常生活やボランティア活動など、さまざまな場面で活躍できる資格だと思います。

毛筆一本で、自宅で手軽に副収入を得られるのが賞状書士。賞状や感謝状の筆耕から、招待状の宛名書き、内祝いののし書き、金封の表書き、表札、胸章(リボン)まで、幅広く依頼があります。本講座なら、すべての実務に直結する毛筆筆耕技能が短期間で身につきます。