サプリメントアドバイザーの資格

サプリメントアドバイザーの認定制度

現在たくさんのサプリメント(栄養補助食品)が出回っていますが、どれを選んだらよいのかまよってしまいます。
そんなときに心強いのがサプリメントアドバイザーの存在です。
サプリメントアドバイザーはまだ国家資格ではありませんが、試験や更新の制度を設けている資格に関しては、『保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成に関する基本的考え方について』という厚生労働省の指針をもとに、認定制度が作られています。

サプリメントアドバイザーの活躍の場所

健康食品販売を行っている人、医療現場に携わっている人が、薬の副作用に悩む患者さんのために、栄養補助食品を勧めてあげたい、アンチエイジングやビューティアドバイザーなど、美容関係の仕事をしている人などが、サプリメントの知識を広げたいとの目的でこの資格の修得を目指しています。

サプリメントアドバイザーと医療現場

病院などでも、サプリメント外来という新しい分野も増えつつあるようです。
病気になった時には薬だけでなく、食生活にも注意をして改善を進めますが、食事が思うように摂れない場合も多くあります。
そんな時には、食品の一部と分類されるサプリメントで補うことになります。
薬剤師や看護士などでも、サプリメントアドバイザーは、利用価値のある資格として注目されています。

サプリメントアドバイザーの通信講座では、栄養学の基礎からサプリメントや健康食品の知識、正しい摂取方法、アドバイスのスキルまで、他では学べないサプリメントに関わる法律やルール、ノウハウ等が丁寧に解説されているので、現場で即役立つ知識を学べます。
間違った知識で摂取し続けると、体にとって逆効果になることもある”サプリメント”。栄養素の基礎知識や自分に足りない栄養素、効能と症状別の使用例などサプリメントに関する正しい知識、日常生活に役立つサプリメントのかしこい利用法が身につきます!
健康・スポーツ関連企業への転職にも有利です!

通信講座の資料請求ができます。