POPデザインの資格

POPデザインとは

POPとは、スーパーなどでみかける手書きの広告です。I

llustratorなどのパソコンなどでも作成できますが、手書きのぬくもりのあるタッチで作成されるPOPは、お客様の購買意欲をかきたてて、売上アップにつながります。

そんな今だからこそ、手書きの魅力がクローズアップされているわけです。

価格が毎日変わる生鮮品や特売品などは、手書きで作成しているお店や飲食店がまだまだたくさんありますから、需要もあります。センスを活かせるので、地域や学校などのグループ活動でのポスター作成やちらし作成などにも生かすことができる技能といえますね。

POPデザインの求人

POPデザインはお客様がお店でお買い物しやすいようにお手伝いするのが目的です。
POPでお客様の注目を引いて、衝動買い(?)してもらうのが、いちばんのポイントですね。
POPの技能は、スーパーや小売店への就職にも役立ちます。パートやアルバイトなどの応募でも、POPが作成できるアピールポイントは、採用への高得点になります。スーパー、薬局、コンビニなどの量販店などでは、膨大な量のPOPを作成するため、専属のPOPライターがいるお店もありますし、フリーで自宅での作業の外注を募集しているお店もあるようです。

POPデザインの資格

POPデザインの技能を学ぶには、通信教育以外にレタリング学校、カルチャースクールなどがあります。

通信講座で学べるPOPデザイン講座などでは、最初は文字の書き方や配置から始まり、色の使い方、ペンの持ち方、線の書き方、バランスのとりかた、季節感の出し方など、お手本をマネしながら短期間で即戦力を身につけられることで人気があります。

また、テキストのほかにも、POP専用のカラーペンやデザイン見本、添削シートなどがあり、講座によっていろいろ特色があるようです。