危険物取扱者 乙4 合格率

危険物取扱者とは

危険物取扱者とは、爆弾や毒ガスなどを扱う人ではありません。

ここでいう危険物とは、石油やガソリン、灯油、軽油、塗料などの指定された”燃焼性の高い物品”のことで、危険物取扱者とは、これらの物質を扱う知識を持つ人で、消防法により化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設に必要とされています。

危険物取扱者の合格率

危険物取扱者の資格は、甲種、乙種、丙種の三種類に分かれています。
その名の通り甲種が一番難しく、他の乙種、丙種では、受験資格は特に定められていないので理科系の学生でも資格をとることができるようですが、甲種には、実務経験や学校で科学の単位取得などの受験資格が定められています。
合格率は甲種で30%前後、乙種で40%前後、丙種で50%前後のようです。

危険物取扱者の試験問題と勉強法

危険物取扱者の試験問題と勉強方法は、まず、過去問題もチェックですね。
頻繁に試験が開催されるので、過去問題もたくさんあるようです。

自力での勉強もいいですが、過去問題の傾向と対策などからテキストが構成されている、通信教育の教材を利用するのは、忙しいビジネスマンにとって、一番の近道のようです。

ユーキャンなどの資格修得サイトでは、解答速報がアップされるのでこちらも参考になりますね。

危険物取扱者の求人

この資格を持っていると、石油プラントや化学品製造会社の技術系や設備関係の業種などでは、就職や転職に有利になります。
必須資格となっている企業も多いので、化学系の学生さんは早いうちに取得したい資格ですね。
ガソリンスタンドでのアルバイトなどでも、仕事の幅が広がるので、時給アップのポイントとなることが多いようですよ。