医療事務 難易度

医療事務 難易度

通信教育の中でも変らぬ人気のある『医療事務』

女性が働きやすい条件がそろっていることもあり、資格修得を目指す人が多い人気講座ですね。
この医療事務の資格を得るには、どのくらいの難易度なのかは気になるところですね。

医療事務の難易度は、ユーキャンやニチイ学館などの通信教育や専門学校などでの学習を一通り終えられれば、技能認定試験に合格できる実力が身につきます。

医療事務求人

医療事務の求人は全国各地の医療機関で必要とされています。
新聞の求人欄にも求人情報がたくさん載っていることをみても、需要の高いニーズのある職種といえます。
女性にとって結婚や出産など女性の環境の変化に応じて働けるというメリットがあり、年齢に関係なく正社員やパートなど働き方を選べるのも特徴です。
時間のコントロールもしやすく、近場で職場を見つけることもそう難しくはありません。

医療事務給料

医療事務の給料は、病院・医院でレセプトを作成する診療報酬請求業務や、受付、会計、カルテ管理など、就職する医療機関によって仕事の内容はかわります。
平均的な収入は、パート・アルバイト・契約社員の場合では、月7日から14日の勤務で4から10万円、正社員の場合は7時間勤務で20日勤務で13から25万円と言わ

医療事務の適正

医療事務に向いている人は、作業が細やかな女性が圧倒的に有利だそうです。

以前はカルテから薬価を調レセプトへ記入し、電卓で計算をしていましたが、最近はコンピュータが導入され、計算間違いなどが少なくなって以前より作業が楽になっていますが、分厚い診療報酬点数表を見ながら診療報酬を作成するなどの作業は変りません。

また、診療報酬の計算のほかにも、受付業務などを任される場合もあるので、気配りや対応マナーができる人は採用の際には有利になります。

医療事務資格

医療事務資格は、医科医療事務管理士技能認定試験といい、技能認定振興協会が実施しています。
試験が実施されるのは、毎年奇数月の年6回。
試験内容は、マークシート方式の学科試験10問と、実技のレセプト作成の3問で、合格基準は学科・実技ともは70点以上です。