独学で行政書士

独学で行政書士

行政書士の資格を修得には、
独学
通学
通信講座
の3種があると思います。
法律系の資格ながら、完全独学を目指す人も多いようです。過去問題で勉強するのが一般的ですね。
いろいろな問題集を購入するのなら、通信講座を利用するのもよいのではないでしょうか。各種通信講座は法律などのまったくの初心者が司法書士の資格を修得できるようにプログラムされた教材です。

行政書士と一緒に修得したい資格

この、行政書士の資格は、法律系の資格の足がかりともいえます。
さらに税理士社会保険労務士中小企業診断士ファイナンシャルプランナーなどとのダブルライセンスの取得で、さらに専門性が高まるとさらに開業時には有利です。
試験範囲も共通性がある宅建司法書士などは、特に一緒に取得したい資格です。

行政書士にできること

行政書士の業務内容は多種多様で業務範囲が広い職種といえます。
会社設立や営業許可申請など行政への手続きに関する書類作成や提出、各種相談やコンサルティングなど個人の人や中小企業などと、官公省庁などとの橋渡しとなります。
建築関係、飲食店、農業関係、在留資格認定、売買契約、賃貸契約、遺言、遺産分割、会計帳簿など、コンサルタントにあたれる内容も多種多様なので、独立開業後もさまざまなメリットがあるでしょう。

行政書士の合格率

試験日は毎年11月の第2日曜日です。毎年いろいろなサイトで試験直後に解答速報が出されます。

合格発表は翌年の1月末。
試験科目は法令、一般知識の2科目で一部に記述式がありますがほとんどが択一式なので、かなり回答しやすい試験方式です。

合格率は例年8から9%前後のようで難易度は比較的高目といえるでしょう。

行政書士の資格とは

行政書士の資格は、扱える書類の種類が広範囲である事から、開業をしたあとでもさまざまな可能性があります。
また、比較的小額の資金で独立開業ができるのが人気の秘密でしょう。法律を扱う業種の中では独学でも十分に取得が可能であるため人気もあり、新会社法が施行されたり、行政書士にも代理権が付与されたことから、求人も多く就職にも有利で、ニーズは急上昇している業種です。
さらに高齢化や外国人の増加の影響で、書類申請や代理業務も増えています。