イギリス留学 ワーキングホリデー

イギリス留学 ワーキングホリデー

イギリス留学でも、ワーキングホリデーは人気があります。イギリス留学にかぎらず、留学するには様々なスタイルがあります。

大学へ入学する、ビジネススクールに通う、資格取得のために留学する、観光気分で短期留学する、などです。

中でも人気のあるのがワーキングホリデーと呼ばれる留学スタイルです。
HAPPY留学は、賢い情報収集から!
「留学くらべーる」で無料一括資料請求♪<留学くらべーる>

ワーキングホリデー 短期留学

ワーキングホリデーとは、自分に合わせたスタイルで生活できる留学スタイルで、旅行、学習、アルバイトなど、自分のやりたいことが自由にできる点が魅力です。
たとえば学生ならばイギリスの大学に通う場合でも、語学学習をしながらアルバイトをしてお金を得ることはできます。
生活費や食費、教育費など、さまざまな費用のかかる留学中にアルバイトができるのは大変助かるでしょう。

ワーキングホリデー 労働条件

このワーキングホリデービザでは、最長1年間の滞在が可能です。
労働条件としては、週25時間以上の就労の場合は滞在の半分以下、パートタイムの場合は半分以上就労することができます。
英語力に自信がないので、働くのはちょっと、という人でも、働く場所によっては語学力を上達させながら、お金を得ることができます。
日本食のレストランや、ベビーシッターなど、語学が堪能でなくてもできる仕事はたくさんあるようです。
しかしながら、イギリスの時給は日本よりも低いので、お金を得ながら暮らしていく、という感覚よりも社会勉強のためにアルバイトをする、という感覚の方がよいかもしれません。

イギリス留学 ワーキングホリデー 仕事の探し方

イギリス留学中に仕事を得るには、イギリスで発行されている日本人向けの雑誌などで求人を探すという方法があります。

また、仕事は就労条件なども考慮に入れて慎重に選びましょう。

日本と同じように考えていると、思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

ワーキングホリデー ビザ

このアルバイトですが、6か月以上の滞在で学生ビザを取得していた場合、週20時間以内で働くことができます。
一方で、学生ではないけれどもワーキングホリデーでイギリス留学したい、という人は、ワーキングホリデービザを取得する必要があります。
当然、働きながら生活できるので生活費は抑えられる反面、年齢制限が18歳から25歳までと定められているほか、ビザ発給数が年間400名しかないのでビザを取得するだけで大変なのです。
イギリスやオーストラリア、カナダなどでは、ワーキングホリデー協定というものが結ばれています。
そのため、これらの国ではワーキングホリデーとしての留学スタイルがおすすめなの