ケアマネージャー試験の合格率

ケアマネージャー試験の合格率

ケアマネージャー試験の合格率 ケアマネージャー試験の合格率は例年15%前後です。 ほとんどの都道府県がマークシート方式で論文や実技試験がないことから、比較的受けやすい試験といえます。 なお、この試験は実務研修受講資格を得るためのもので、合格後に研修を修了して登録の後、介護支援専門員証の交付を受けて初めてケアマネージャーとして活躍することができます。 ケアマネージャーの需要 ケアマネージャーは介護保険制度の根幹資格! 現場のステップアップ資格としても信頼も厚い! 超高齢化の今、書くことのできない介護保険制度のフムーズな運用のためにに重要な役割を担う存在です。 医療・福祉・保険の仕事に5年または10年以上携わっている人しか取れないため、その分野のキャリアアップ資格として高く評価されています。 ケアマネージャー試験の受験資格 ケアマネージャー試験の受験資格は実務経験が5年または10年以上必要です。 すでに所有している資格によっては、試験の解答免除の制度もあります。介護や保健医療、福祉の分野で実務経験のある方が受験できます。 実務経験はその職種によって異なりますが、5年以上(かつ900日以上従 […]