ケアマネージャー試験の合格率

ケアマネージャー試験の合格率

ケアマネージャー試験の合格率は例年15%前後です。

ほとんどの都道府県がマークシート方式で論文や実技試験がないことから、比較的受けやすい試験といえます。

なお、この試験は実務研修受講資格を得るためのもので、合格後に研修を修了して登録の後、介護支援専門員証の交付を受けて初めてケアマネージャーとして活躍することができます。

ケアマネージャーの需要

ケアマネージャーは介護保険制度の根幹資格!
現場のステップアップ資格としても信頼も厚い!

超高齢化の今、書くことのできない介護保険制度のフムーズな運用のためにに重要な役割を担う存在です。
医療・福祉・保険の仕事に5年または10年以上携わっている人しか取れないため、その分野のキャリアアップ資格として高く評価されています。

ケアマネージャー試験の受験資格

ケアマネージャー試験の受験資格は実務経験が5年または10年以上必要です。
すでに所有している資格によっては、試験の解答免除の制度もあります。介護や保健医療、福祉の分野で実務経験のある方が受験できます。
実務経験はその職種によって異なりますが、5年以上(かつ900日以上従事。国家資格の場合は登録日起算)、または10年以上(かつ1800日以上従事)が必要となります。

ケアマネージャー試験の解答免除になる範囲

ケアマネージャー試験の解答免除になる範囲は試験の免除制度があります。

医師、歯科医師などは、「保健医療サービス分野基礎・総合」が免除、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士は「福祉サービス分野」が免除。

薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、歯科衛生士、言語聴覚士、栄養士、管理栄養士、技士装具士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師は、「保健医療サービス分野基礎」が解答免除となります。

解答免除となる資格を複数保有している人は、該当する範囲を重複して免除が受けられます。

ケアマネージャーの就職・転職

居宅介護支援事業所などでは一定人数を置くことを義務付けられているため、求められることも多く、介護保険施設や有料老人ホーム、グループホームでもニーズがあります。

経験と知識を持つ即戦力として就職や転職の強いアピールになります。
また、年齢を気にせず長く安定して働けるのも魅力の一つです。これまでの実績と資格で、職域や仕事の選択肢がグンと広がる強力資格です。