簿記論 難易度

簿記とは『帳簿記入』の略

簿記とは『帳簿記入』の略です。
個人事業者や商店,企業は,毎日品物の仕入れや販売という営業活動を実施しています。
これらのような商店や会社の営業活動を貨幣コストにより捉え,これを帳簿に記入し,記録することが簿記の役目です。

日商簿記1級および2級の試験範囲は,商業簿記だけでなく工業簿記の知識も必要となりますね。
日商簿記2級以上の資格取得を考える人は商業簿記だけでなく,工業簿記もきちんと学習しておかねばなりません。

簿記検定の種類

簿記の資格取得には

・日本商工会議所(日商)が主催する簿記検定
・社団法人全国経理教育協会(全経)主催の簿記能力検定
・財団法人全国商業高等学校協会(全商)がする簿記実務検定

があります。

日商簿記検定試験1級合格者,および全経簿記検定試験の上級合格者には税理士試験の受験資格が与えられます。
広く知られているのは日商簿記検定であって,本屋にも日商簿記検定試験に対応した書物が並んでいます。

日商簿記検定は,試験中身に応じて1級から4級がありますね。
試験範囲は3級・4級は商業簿記,2級は商業簿記と工業簿記(カンタンな原価計算),1級は商業簿記,工業簿記,原価計算,会計学です。
簿記の基礎と位置づけられるのが3級の知識となりますね。

全経の簿記能力検定は上級・1級会計(ご商売簿記を含む)・1級工業簿記・2級・3級・4級に分かれています。
2級・3級・4級は商業簿記,1級は商業簿記と工業簿記,上級は商業簿記,会計学,工業簿記及び原価計算が試験範囲です。
全経は全国300からなる専門学校が会員となっており,試験会場は全経の指定した専門学校ですが受験資格に制限はありません。上級が日商簿記の1級にあたりますね。

全商の簿記実務検定は1級から3級です。
2級・3級は商業簿記,1級は商業簿記を含む会計と原価計算が出題範囲です。
これは全国の商業高校の簿記のスキルアップを目指すものです。

簿記論 勉強方法

簿記を勉強するためには,専門学校で勉強する方法がありますね。
資格の学校をTACを例としてあげると,このときは簿記を学習する手段として通学での教室での講座受講やビデオ(DVD)講座,通信教育があります。

簿記論 就職

最近は資格取得者に資格手あてを支給する企業も増えています。
簿記に限らず,いろんな資格において資格手あてが付く企業が多くありますね。
簿記検定を受検し合格しておくことは職場において認められる1つの手段といえます。

そして,公認会計士や税理士を目指す人にとって簿記検定合格もまた最大の武器となりますね。
日商簿記検定試験1級または全経簿記検定試験の上級に合格すると税理士試験の受験資格を取得できます。

簿記論 検定の合格率

合格すると入学や就職に有利な武器となる簿記検定は,どれくらいの合格率なのでしょうか。

■日商簿記検定の合格率(平成21年)

 
2月
6月
11月
4級
39.1%
37.3%
21.2%
3級
56.5%
41.2%
49.6%
2級
43.1%
25.5%
38.4%
1級
10.2%
9.2%

■全経簿記能力検定の合格率(平成21年)

  
2月
7月
11月
4級
69.98%
74.88%
74.61%
3級
63.06%
72.59%
71.96%
2級
61.55%
72.81%
65.73%
1級(会計)
42.75%
40.99%
25.65%
1級(工業簿記)
61.84%
65.05%
62.98%
上級
16.94%
24.31%

これらのように,上の級になると検定の中身は難しくなるので合格率も低くなっていきます。それだけ,上の級を持つこというものは,よりたくさんの知識を持っているということでもありますね。
検定にチャレンジして合格することは自信につながりますね。簿記を学び,ぜひこれを生活やビジネスにおいて活かせるよう,がんばって下さい。